タグ「SM」が付けられているもの

五反田SM店でM嬢として働く美歩のストレス

  • 投稿日:
  • by

最初は、軽いノリから始めたんです。仕事でストレスが溜まってて、鞭でピシってぶっ叩けば、気持ちいいかなって、SM店なら、そんなことできるんでしょって。でも、実際は、そういうSプレイってさせてもらえないんですよね。知りませんでした。まずは、M嬢として、SMの世界を勉強するもんだって、

五反田のSM店に入店してようやく7か月です。お店では、美歩ってことになってます。身長が178センチもあるので、ヒールを履くと、185センチ超えてるかも! 立つとほとんどのお客さんを見下ろしちゃうのです。さぞや怖い女王様って思うでしょ? いえいえ、まだまだ勉強中で、こう見えてM嬢なんです。

SM店に来て、Sプレイをするお客さんて、あんまり大きい人って来ないんです。いや、来たことないですね。私よりも小さい、チビが言葉責めするのって、滑稽に思えるんですが、お客からすると、背の高い女性を征服できるってことで、より興奮するみたいです。

今日のお客さんも背が小さかったです。大学生と小学生みたいな、抱いてよしよししてあげたいような感じです。でも、いざプレイが始まると、言葉責めも鞭、ろうそくも凄まじかったです。ただ、冷静に彼を観察してみると、Sプレイじゃないと満足できないっていう性癖じゃないような気がします。どういうことかっていうと、ストレス発散のため、他人を痛めつけてるって言えばわかりますか。加虐行為で感じるのがご主人様、トップなのです。それを感じ取ってしまった私は、M嬢としての仕事、役目に努めましたが、彼の行為に感じることはありませんでした。

SMってかたちよりももっと精神的な行為なのですが、これを理解してくれるお客が少なくって、物足りないんです。なんてことを語るなんて、私も少しは、SMの世界に入れたのかな。ただ、稀に惚れ惚れするようなご主人様が、ご来店になることがあります。そういう方とご一緒できるときは、正直、お金なんてもらっちゃいけないって思うことすらあります。

あ、そもそもSプレイ、女王様になる気でSM店に入ったのに、いつのまにか、すっかりマゾになってしまってました。今のところのストレスは、素敵なご主人様が、なかなかご来店にならないことです。この美歩のストレスは、どう解消したらいいんでしょうか。