タグ「五反田」が付けられているもの

五反田SM店でM嬢として働く美歩のストレス

  • 投稿日:
  • by

最初は、軽いノリから始めたんです。仕事でストレスが溜まってて、鞭でピシってぶっ叩けば、気持ちいいかなって、SM店なら、そんなことできるんでしょって。でも、実際は、そういうSプレイってさせてもらえないんですよね。知りませんでした。まずは、M嬢として、SMの世界を勉強するもんだって、

五反田のSM店に入店してようやく7か月です。お店では、美歩ってことになってます。身長が178センチもあるので、ヒールを履くと、185センチ超えてるかも! 立つとほとんどのお客さんを見下ろしちゃうのです。さぞや怖い女王様って思うでしょ? いえいえ、まだまだ勉強中で、こう見えてM嬢なんです。

SM店に来て、Sプレイをするお客さんて、あんまり大きい人って来ないんです。いや、来たことないですね。私よりも小さい、チビが言葉責めするのって、滑稽に思えるんですが、お客からすると、背の高い女性を征服できるってことで、より興奮するみたいです。

今日のお客さんも背が小さかったです。大学生と小学生みたいな、抱いてよしよししてあげたいような感じです。でも、いざプレイが始まると、言葉責めも鞭、ろうそくも凄まじかったです。ただ、冷静に彼を観察してみると、Sプレイじゃないと満足できないっていう性癖じゃないような気がします。どういうことかっていうと、ストレス発散のため、他人を痛めつけてるって言えばわかりますか。加虐行為で感じるのがご主人様、トップなのです。それを感じ取ってしまった私は、M嬢としての仕事、役目に努めましたが、彼の行為に感じることはありませんでした。

SMってかたちよりももっと精神的な行為なのですが、これを理解してくれるお客が少なくって、物足りないんです。なんてことを語るなんて、私も少しは、SMの世界に入れたのかな。ただ、稀に惚れ惚れするようなご主人様が、ご来店になることがあります。そういう方とご一緒できるときは、正直、お金なんてもらっちゃいけないって思うことすらあります。

あ、そもそもSプレイ、女王様になる気でSM店に入ったのに、いつのまにか、すっかりマゾになってしまってました。今のところのストレスは、素敵なご主人様が、なかなかご来店にならないことです。この美歩のストレスは、どう解消したらいいんでしょうか。

五反田は品川区にある比較的大きな歓楽街で、五反田駅周辺にはキャバクラなどのホステスがいるお店がたくさん集まっています。夜になると仕事帰りのサラリーマンがそういったお店に寄って行くため、接待をするための女性が必要になります。そのため、五反田ではキャバクラなどで高収入のアルバイト求人を出していることが多いです。容姿が端麗な女性やスタイルの良い女性であれば、そういった高収入のアルバイト求人に採用されやすくなります。

また五反田でよく募集されている高収入のアルバイト求人では、体験入店という制度を設けていることが多い傾向にあります。これは、本採用を決定する前の段階で、とりあえず少しだけ働いて貰ってから本採用を決めるというやり方です。本採用にならなかった場合であっても、体験入店で働いた分の給料はしっかりと支払われるため、多くの女性たちに人気があります。また、五反田にあるキャバクラなどでは衣装のレンタルなども行っています。高収入のアルバイトを始めたばかりの女性は華やかなドレスを持っていないことも多いですが、ドレスを借りられるため、そういったことを気にすることなく高収入の求人に応募をすることが可能です。

悪い男につかまって、気がつけば五反田でデリヘル嬢してます。お店では、陽菜って呼ばれてます。年は26歳ですが、背が150センチくらいしかないので、幼く見えて、素人専門店勤務なのです。今勤めている店は、入店したばかりで、駆け出しなんですけど、バリバリ経験者です。早いと即日、長くても半年しないでお店を転々としてます。浮気性なものでって稼げないなら、すぐ移ります。

こちらのお店は、面接から採用までが、もの凄く早かったです。3か月前のことですが、面接が終わって、すぐ採用が決まって、ホームページ用の写真撮って、プロフィール完成。読ませてもらうと、「陽菜ちゃんは、見た目はロリ系、でも脱ぐとぷよぷよの巨乳」って書かれてます。今までのお店も大体そんな感じ。ロリで巨乳、そればっかりです。そんなこんなで、2時間後には、働いてました。


さて、今日3人目のお客さんは、どんなおじさまでしょうか。お、毎度ご指名いただいている常連さんですね! 優しくてイケメン人だし、オプションをいっぱいつけてくれるし、おかげで儲けさせてもらってます。しかも、早漏! すぐ終わって楽チンチン! 礼儀正しく、良い子良い子で、いたしましょう!

でも、そういうお客さんばっかりじゃないんですよね。風俗の仕事を冷やかしてきたり、嫌味なことを言ってくる輩もいます。そういうお客に限って、遅漏なのが困り者です。長くプレイすると、フェラで顎が痛くなるし、素股でアソコもヒリヒリします。しかも攻めが下手とくれば、会った瞬間、ゲンナリです。でも、そういう客を相手にしないと、収入が安定しないから、しかたないですね。輩にあたったときは、オプションは基本的に受けないです。プレイ代だけで、早く終わらせたいので、バイブで乱暴されたら、その日は、仕事続けられなくなりますし、極力、疲れない、痛くないやり方でやっつけちゃいたいです。

ああ、今相手しているお客さんが、とってもいい人に思えます。だって、挨拶が済んだら、酔ってるみたいでずっと寝てるし、プレイ終了10分前のブザーで起きて、「いやー、気持ち良かったよ。また、指名してもいいかな。あ、これタクシー代ね」なんて言って、チップまではずんでくれたんですから! 「おじさま大好きー」ってギュッとしてあげちゃいます。

そういえば、ズボンのチャック空きっぱなしでしてね、あのお客さん。終電ないのに、帰り大丈夫かしら。タクシー代もらっちゃってよかったのかなーなんて思いながら、今日のお仕事は、おしまいです。おやすみー。

私は、親元から離れ、ひとり暮らしをし、都内の私立大学に通っています。生活費は何とかなりますが、サークルの活動費やコンパの飲み会など、お金がちょいちょい必要で、居酒屋のバイトをしてみたのですが、携帯電話代くらいしかなりません。友達で、キャバ嬢のバイトをしている子がいて、誘われたことがあって、一度だけドレスを借りて体験入店をしてみたのですが、私、お酒が飲めないですし、何より人見知りで面白い話が全然できないのです。結局、3時間そこにいて、店長から3千円もらって帰っていいよって言われました。私自身、一晩持たなかったと思います。

でも、これでいいかって言うと、何の問題解決にもなっていないわけで、ネットサーフしていたら、「五反田オナクラ店、見るだけで日給3万5千円!」というキャッチコピーに目が留まり、すぐに連絡してみました。すると、顔と全身の写メを送るように言われて、送ってみると、採用通知が来ました!

仕事の説明をしたいので、でも警戒して、喫茶店で会う約束をすると、現れたのは、スーツを着て、ネクタイをきっちり締めた、ごく普通のサラリーマンのような男性でした。彼は、お店の店長さんで、仕事の内容を教えてくれました。最初は、風俗の仕事なんて怖い人が経営しているのだと思っていましたが、店長さんは、全然そんな感じは微塵もせず、"男の人がアレをしているのを見る"という説明は、噴き出しそうになりましたが、至って真面目に説明してくれました。ほかにもオプションと言われる、いろいろなサービスがあるそうですが、それは、仕事が慣れてからで構わない、する、しないは、自由に決めてもらって構わないということで、追々聞くことにしました。

「日給3万5千円なら、サークル費やコンパ代なんてアッと言う間に稼げちゃう! 何らから海外旅行にでも行けちゃうじゃない!」などと思っていたら、顔がニヤけちゃいました。

「まあ、お客さんがシコシコしてるのをやさしく見てあげる、それだけです。もし、これから時間があれば、早速働いてみますか? 30分で5千円ですね」
「え? 時給にしたら1万円じゃないですか! そんなに? でも、そんなすぐにお客さんて付くんですか?」
「あなたみたいに、かわいくって若い女性は、すぐにお客が付いて、稼げますよ」
そう言われて、私は、早速入店することにしました。

始めてのオナクラ体験。ドアをノックし、恐る恐る開けると、先ほど面接してもらった店長が全裸で、アレを握り、立っていました。
「あ、いらっしゃい! 待ってましたよ!」
「や、やっぱり私には無理です! ごめんなさい! 辞めます!」

振り出しに戻って、新しいバイト探し中です。