タグ「ソープ」が付けられているもの

池袋の性感マッサージ店に入店してやっと10日。少しは、仕事に慣れてきたように思います。最初は、勝手がわからず本当に大変でしたよ。初日には辞めようと思いましたけど、スタッフさんになだめられて、何とか続けて来れました。

あ、自己紹介が遅れましたね。失礼しました。私、倫子です。年は、21歳です。でもこれはお店用で、本当は、......26歳です。でもでも、みんなから若いって言われるんですよー。この仕事を始めたきっかけは、海外留学ためです。それまでは、普通にOLしてたんですけど、生活するのに精一杯で、貯金ができそうになかったので。ただ、このお仕事ってストレスがすごく溜まるんですよ。そこで、店長さんが、ホストクラブに連れて行ってくれたんです。そしたら、ものすごく楽しくって! 楽しくって! そこで、あるホスト君と仲良くなって、次は、店長さん抜きで来てくださいって言われたんです!

性感マッサージのお店では、お客様に気持ち良く射精していただくために、ご奉仕プレイをするのですが、ホストクラブは、その逆です。お姫様扱いしてくれる、夢のようなところです。おかげで、ホストクラブにいるときは、日ごろのストレスをすっかり忘れることができます。昨日は、お気に入りのホスト君が誕生日ということで、シャンパンタワーをプレゼントしたら、ものすごく喜んでくれて、とっても良かったなーと。

ただ、お会計が80万円って知りませんでした! ひとまずカードで50万円払って、残り30万円を今月末に支払うってことで、戻ってきたんすけど、そもそも80万円なんて大金、ないんです! 店長に相談したら、知り合いのソープランドを紹介してくれて、午前中だけ、そちらで働くようになりました。よそのお店を紹介してくれるなんて! しかも、「風俗業界って、普通かけもちさせてもらえないんだよ」って店長は言ってたのに。店長、神様みたいにやさしいです! この恩を忘れず、仕事に精を出したいと思います。

そして、今日が、ソープ初日です。日の出から営業なので、夜型の倫子には堪えます。しかし、ホスト君のために頑張らなくっちゃ、です! 倫子のソープ初めてのお客さんは、とっても素敵な紳士様でした。おちんちんの形が、少し変わってて、何とも言えないニオイがしたのですが、とても気持ち良かったと褒めてくれました。

まだ、新人ということで、サービス料が安いせいだと思いますけど、午前中だけで8人の紳士様と仲良くなれました。それと、驚いたことに、6万円近くも稼ぐことができました! ただ、ソープのお仕事は、予想以上に体力をつかいますので、お腹が減ってしまい、お昼ごはんは、牛丼特盛に卵つきです。食べ過ぎたら、眠くなったので、少し仮眠します。

夕方から性感マッサージ店に出勤です。ホスト君のために頑張ろうっと!

私は、吉原のソープ店に入店したばかりの新入りです。まあ、体験入店と言った方が、正確ですね、といっても川崎のお店で半年働いていたので、未経験ではありません。吉原のお店で稼げそうなら、こっちでしばらく働こうかなと思っています。源氏名は、当然変えています。こちらでは、美咲です。

さてさて、笑っちゃう話ですが、ホームページには、「美咲のおっぱいは、やわらかDカップ、見た目はまったり系の女性」となんて書かれています。でも、実際は、Cカップ、ずばり盛ってます! ちなみに"まったり系の女性"ってよくわからないですw。風俗系のプロフィールには、アホみたいなのが結構ありますよね。それで騙さられる男性客がいるんだから、笑っちゃいます。きゃは。

何だかんだで、今日が初出勤日。ソープに来る客で紳士いません。どんな変態男なんでしょうか。ホームページにプロフィールが乗ったら、早速ウェブ予約が入りました。ありがたいことですね。でもお客さん、太っちょで、何とも冴えない感じです。ま、お仕事なので、そのあたりは気にしないようにしてますが。

で、そのお客さんが、服を脱ぐと、デブとしか言いようのないビール腹で、チンコの周りというかヘソの近くから足まで毛で覆われていて、人間とは思えない剛毛。絶体、別の動物の遺伝子が入ってそうです。それを見て、美咲は、ちょっと怖くなってきましたよ。あの剛毛の中に虫とか病気とかが潜んでんじゃないのかなって。ソープ嬢の中には、剛毛の男は、触れると結構気持ちいいっていう子がいるけど、私は違うな、ツルツルのが絶対良いです!

しかもこのお客さん、プレイが乱暴でガサツなんです。もう最悪! 太い指でアソコを引っ掻き回してくるから痛いし、あの腹で体重を押しかけて、ガシガシ腰振るし、苦しくて死ぬかと思いました。「感じるんだろう?」なんて言ってましたが、仕事中は、100%感じません。濡れてるのは、ローション仕込んでるからです! 

プレイ後に、彼から「何かおいしいものをご馳走するよ」って言われたけど、「また今度ね~」と笑顔で応えて、NG客にしておきました。だから、もう2度と会うことはないでしょう。結局、初日は、このキモ客だけ。稼げそうもないから、別のお店に移転しようっと。